院長 根津 浩

日本矯正歯科学会認定医、指導医、専門医

美しい歯並び、口元、スマイルは、審美に優れるだけではありません。
正しい咬合と顎の運動、咀嚼、発音、呼吸などの機能との調和が大切です。
その意味から、歯科矯正治療は、「健康医学」の一領域であると考えます。
現在は、小児から成人の治療に留まらず、 かつて治療不能であった欠損歯や歯周病を伴う成人難症例にも、他医との連携による歯科矯正治療が適応され、
口腔機能の回復・維持に貢献できますので、ご相談下さい。

#

略歴

1969年
東京歯科大学卒業
1973年
東京歯科大学大学院修了 歯学博士
川崎市川崎区にて矯正歯科専門開業 現在に至る
1975年
東京歯科大学非常勤講師(2009年3月まで)

歯科矯正研究会バイオプログレッシブスタディクラブ(BSC)元会長
日本矯正歯科学会国際渉外委員、学術委員を歴任
アメリカ Foundation for Orthodontic Research(F.O.R.)国際理事
アメリカ矯正歯科学会(AAO)国際会員
世界矯正歯科医師連盟(WFO)フェロー
日本口蓋裂学会会員
日本顎関節学会員
日本顎変形症学会会員他多数学会所属

主な著書・論文

  • 歯科矯正学「バイオプログレッシブ診断学」:ロッキーマウンテン・モリタ発行
  • 歯科矯正学「バイオプログレッシブの臨床」:ロッキーマウンテン・モリタ発行
  • 「初心者のためのCT・3D画像の読像・診断-インプラントから矯正まで-」:クインテッセンス出版発行
  • 「顎変形症の術前歯科矯正治療のすすめ方」:ヒョウロンパブリッシャーズ出版
  • 一般書「歯並びがきれいになる本」:カッパサイエンス、光文社出版

他…共著・分担執筆・翻訳7編、論文(原著・臨床・解説)74編

主な研究テーマ

  • 矯正診断法
  • 予知性のある治療目標の設定法
  • 矯正治療による顔貌変化の予測法
  • 治療メカニクスとバイオメカニクス
  • 呼吸/嚥下、咀嚼、舌、口腔周囲筋の機能不全の診断と治療
  • 高難度症例の矯正単独治療
  • 他医との連携治療法など

主な講演

  • 1990年
    第49回日本矯正歯科学会コ・デンタル教育講演 長野
    1992年
    The 1st International Orthodontic Conference of BSC, Special lecture 東京
    1997年
    第56回日本矯正歯科学会大会シンポジウム 東京
    1997年
    The 2nd International Orthodontic Conference of BSC, Special Lecture 京都
    2001年
    第60回日本矯正歯科学会シンポジウム, 75周年記念大会 東京
    2001年
    Dr. Ricketts特別講演, シンポジウム 東京
    2002年
    The 3rd International Orthodontic Conference of BSC 横浜
    2002年
    第61回日本矯正歯科学会大会臨床セミナ- 名古屋
    2004年
    第63回日本矯正歯科学会大会サテライトセミナー 福岡
    2006年
    第5回日本国際歯科大会シンポジウム「矯正歯科のニューウェーブ」 横浜
    2006年
    BSC第24回大会特別講演「難症例に対する矯正歯科の新しいチャレンジ」 熱海
    2007年
    The 4th International Orthodontic Conference of BSC 横浜
    2012年
    The 5th International Orthodontic Conference of BSC 東京
  • アジア

    1992年
    Kaohsiung Medical University, School of Dentistry, Orthodontic Seminar, Kaohsiung, Taiwan
    1994年
    The 4th Chinese Orthodontic Conference, Special Lecture, Hangzou, China
    1997年
    The 1st Chinese International Orthodontic Conference, Special Lecture, Beijing, China
    1998年
    The 3rd Asian Pacific Orthodontic Conference , Special Lecture, Taipei, Taiwan
    2005年
    The 5th Asian Pacific Orthodontic Conference (APOC), Special Lecture Beijing, China
  • アメリカ

    1990年
    The 22nd Annual Meeting of FOR, Speaker, Williamsburg, USA
    1995年
    The 95th アメリカ矯正歯科学会(AAO) Annual Meeting, Invited Speake San Francisco, USA
    1996年
    The 28th Annual Meeting of FOR, Speaker, Aspen, USA
    1999年
    The 31st Annual Meeting of FOR, Speaker, Las Vegas, USA
    2002年
    The 34th Annual Meeting of FOR, Speaker, Nassau, Bahamas
    2003年
    The 103rd アメリカ矯正歯科学会(AAO) Annual Meeting, Featured Speaker, Hawaii, USA
    2012年
    Inaugural Symposium, Foundation for Modern Bioprogressive Orthodontics,University of Illinois at Chicago, USA
  • ヨーロッパ

    1991年
    The 3rd International Orthodontic Conference of Societa Italiana Bioprogressiva, Speaker, Rome, Italy
    1993年
    The 69th ヨ-ロッパ矯正歯科学会(EOS) Congress, Keynote Speaker, Stockholm, Sweden
    1998年
    Societe Bioprogressve Ricketts International Meeting, Speaker, La Baule, France
    1999年
    フランス矯正歯科学会 Les Journees del Orthodontie, Speaker, Paris, France
    2000年
    Societe Bioprogressive and FOR joint Meeting, Speaker, Strasbourg, France
    2001年
    The 13th International Conference for Orthodontists, Speaker, Munich, Germany
    2003年
    The 2nd World Edgewise Orthodontic Congress (WEOC), Featured Speaker, Florence, Italy
    2004年
    The 8th International Orthodontic Conference of S.I.B.R.(Societa' Italiana di Orthognatodonzia Bioprogressiva di R.M.Ricketts), Special Lecture, Bologna, Italy
    2004年
    The 3rd International Congress of SBR (Societe Bioprogressive Ricketts), Invited speaker, Arcachon, France
    2005年
    Winter Seminar in Orthodontics, Lech, Austria
    2006年
    IX Congresso Nazionale III Congresso Internazionale SIOB, Verona, Italy "Diagnostic application of cone beam CT in orthodontics"
    2010年
    The 4th Societe Bioprogressive and Ricketts International Meeting, Lyon, France

ページ上部へ